サンテック
ホーム製品情報サポート情報お問い合わせオンラインストア
 ホーム製品情報生産終了品

    ワイヤーハーネステスター LXA-PHC-120 (生産終了品) 

 本製品は生産終了しました。

 製品情報
 □検査器
 ・ワイヤーハーネステスター
 LXA-PHC-120

 製品説明

 ●この製品の関連情報●

 2009.10.30
  PHC-120 ワイヤーハーネステスター
  国際レース競技車両のハーネス研究に利用されました。


概要
 ・各種ワイヤーハーネスをプログラミングする事により検査を行う事ができます。
 ・単純なオープン・ショートのチェックから抵抗値による判定も行えます。
 ・印加側120ピン、計測側120ピンの完全マトリクスによる抵抗値の測定を行います。
 ・0mΩ〜13Ωまでの導通抵抗、及び250kΩ〜500MΩまでの絶縁抵抗の測定が行えます。
 ・マスターハーネスを計測し、プログラムを自動生成することができます(マスターハーネスモード)
 ・コミュニケーションモードにより、ホストコンピュータとのインタフェースが可能です。
 ・マニュアル検査では、リアルタイムに結果表示します。*ピン数は必要に応じてカスタマイズ可

ワイヤーハーネステスター

測定機能
低抵抗測定 低電流電源より300mAの電流を流し、ハーネスの両端に発生する電圧を測定します。
高抵抗測定 高電圧電源より500Vの電圧を印加し、絶縁されているハーネス間に発生するリーク電流を測定します。
ピン情報の設定 コミュニケーションモードでは、任意の印加ピンから任意の測定ぴんに対して期待値及び許容値を設定できます。
マスターハーネスモードでは、吸い上げたマスターハーネスの測定値に対して±30%を許容値として設定します。
操作機能
ホストプログラム WindowsTM版ハーネスチェッカー (NEC 98シリーズ、DOS/V対応)
機能 プログラム編集
データファイル表示
検査(プログラムモード、マスター吸い上げモード)
マニュアル検査
通信
自己診断(チェックBOX、コンタクトチェック)
ピンリファレンス機能
備考 通信モードによりホストコンピュータとのインタフェースが可能です。
自己診断により補正を行う事ができます。
ホストコンピュータのソフトはカスタマイズ可能です。

機能 内容
コミュニケーションモード
(モード1)
ホストコンピュータからのコマンドに従い、検査を実行します。
マスターハーネスモード
(モード2)
マスターハーネスの導通・絶縁情報を吸い上げ、検査プログラムとしてメモリに保存をします。
単体検査モード
(モード3)
本体にダウロードされているプログラム(マスターハーネス情報も含む)を基に、単体動作を行います。

仕様
検査ピン数 印加側120ピン、計測側120ピン
完全マトリクス(検査ワイヤー数120本)
導通計測 印加電流300mA 計測範囲 0mΩ〜13Ω
絶縁計測 印加電圧500V  計測範囲 250kΩ〜500MΩ
電源電圧 AC100V〜117V(±10%)
サイズ 約380×285×365mm(W×H×D 突起物を含まず)
重量 約22kg
  ※仕様は予告なく変更する場合があります。