■>サンテックのホームページTOPへ       ■>サンおやじの工作室TOPへ
    工作室
       開発ツール 無償のC/C++言語でソフトを作ろう

<工作室に戻る
■無償のC/C++言語でソフトを作ろう
■ソースのコンパイル方法
■CPUへのダウンロード方法

無償のC/C++言語でソフトを作ろう

1.ソフトウェアの開発は初期投資が必要?

CPUを使って何かを組み立てるには、多かれ少なかれソフトを作る事になります。
いくら高性能のCPUでもソフトが無ければ何の役にも立ちませんから、避けて通れません。
しかし、最近は小さなCPUでもC言語でプログラミングできます。
(”サンおやじ”の時代は16進数を入力していた)
C言語が使えるならソフトは意外と簡単に作れます。
そうそう、スタートアップルーチンだけは少々厄介なので、”サンおやじが”供給しましょう。
えっ!開発ツール買うお金が無い。
確かに、市販の開発ツールは少々高額です。個人で購入するには勇気が必要かもしれません。
まして、これからH8やH8Tinyで遊んでみようかな?とか、ソフトを勉強してみようかな?なんて人が気軽に購入するのはちょっと無理でしょう。
でも安心してください。
ルネサス エレクトロニクスのH8Tiny・H8・SuperHシリーズには無償のC/C++コンパイラが存在するのです。

2.KPIT GNU(グニュー)ツール

「GNUって何?」と思う人と、「げげっ!LinuxのGCCを使うの?」。あなたはどっちでしょう?
まあまあ、しかめっ面しないでKPIT クミンズ インフォシステムズリミテッドの
K P I T Cummins GNU Tools & Support
をのぞいて見てください。
英語だからと言ってビックリしないで、右の上の方を見てください。日本語って文字が有りますよね(笑)。
そこをクリックして中を少し読んでみてください。
HEW(ルネサス エレクトロニクスのWindows用統合開発環境)と開発ツールが無料でダウンロードできます
と書いてありますよね。
KPIT GCCは、Tinyだけでなく、H8、R8CなどのCPUに対応しているから嬉しい限りです。
早速ダウンロードして使ってみましょう。
言うまでもありませんが、GNU/Linux用も有ります。
こんなにすばらしい物を無償公開してくれたルネサスエレクトロ二クス、KPIT クミンズ インフォシステムズリミテッド、GNU、
Linuxに感謝します。

3.登録

さあダウンロードといきたい所ですが、その前に登録が必要です。
ページの上にあるマイアカウントの中の登録をクリックしてください。
英文が並んでいますがそんなにびっくりする事はありません。必要事項を記入して(もちろん英語)Submitボタンを押せば、しばらくしてパスワードがメールで送られてきます。(1時間程度)
英文が苦手な人のために簡単な説明を載せておきます。

赤い小さな*が付いた項目は必須入力です。


Customer Name 氏名(必須入力 英文ですから名前が先になります。
Email Address メールアドレス
必須入力
このアドレスにパスワードが送られて来ます。
ログインのユーザ名も兼ねています。
Personal Address 住所  
Personal Telephone 電話番号  
Company Name 会社名  
Company Address 会社の住所  
Company Telephone 会社の電話番号  
Company URL 会社のホームページアドレス
Position 役職  
Country Of Residence 国(必須入力 JAPANを選択するとアップデート情報等が
日本語で送られてきます
     
Host OS 開発に使用するOS
必須入力
 
Target Hardware 開発ターゲットとなるCPU
必須入力
H8Tinyの場合はH8/300H
Target OS 開発ターゲットのOS
必須入力
ほとんどの場合None
Application Domain 開発するソフトの種類 RobotoとかToyかな?
Password Question パスワードを忘れたときに表示される質問(必須入力
Password Answer 質問に対する答え(必須入力

最後に当該ウェブサイトの 使用条件 に従うことに同意しますにチェックを入れて完了です。

4.ダウンロードとインストール(Windowsユーザ)

パスワードがメールで届いたら早速ダウンロードです。マイアカウントをクリックして、ログインを選択します。
ユーザー名パスワードを聞いてきますので、ユーザー名の欄にに登録したメールアドレス、パスワードの欄にメールで送られてきたパスワードを入力しログインボタンを押します。
次に無償ダウンロードからルネサスツールをクリックして最新のHEWをダウンロードしてください。
ついでに、無償ダウンロードからKPIT GNUツールをクリックして最新のツールもダウンロードします。

注意、H8/Mini2をご使用になる方はGNUH8v901以前をご使用ください。

2005/10/28時点での最新は

HEW HEW 4.0.0-ntc for KPIT GNU Tools with Simulators 2005/10/11
ToolChain GNUH8 v0503 Windows Tool Chain (ELF) 2005/10/11

ダウンロードが終了したら、HEW4_00_00-ntc.zipファイルを解凍して、setup.exeを起動させます。特に設定しなければいけない項目は有りませんので、NEXTで進んでいけばHEWがインストールされます。

さてこれでHEWはインストールされましたが、コンパイラやリンカはインストールされていません。
続いてコンパイラとリンカのインストールします。
gnuh8_v0503_elf.exeを起動させます。特に設定しなければいけない項目は有りませんので、NEXTで進んでいけばコンパイラとリンカがインストールされます。

現在、Windows98SE・Windows2000(サービスパック4)・WindowsXPで動作することが確認できています。

5.サポート

ツールを利用し始めると必ず判らないことが出てきます。
KPIT Cumminsは、2004/5/20よりFAQ(よく寄せられる質問)、文書・資料、その他のページが日本語化されました。ぜひ目を通してみましょう。意外と解決する場合が多いものです。
またKPIT Cumminsは、無料で技術サポートをしてくれます。
日本語のメールに対するサポートも 2004/7/28 より始めてくれたようです。
それから、このツールに関してルネサスエレクトロ二クスに問い合わせる事は、絶対にしてはいけません。
これは基本的なルールですので絶対に守ってください。


■無償のC/C++言語でソフトを作ろう
■ソースのコンパイル方法
■CPUへのダウンロード方法